2018 K4-GP

いよいよレース当日。
すべての準備は、この日のために。

K4-GPは変則ルマン式スタートを採用していますが、そのスターターは
「サーキットにふさわしくない格好であること」
と規則で定められています。これが、K4-GP名物の仮装です。一昨年に仮装賞を受賞したうちのチームのスターター担当コスプレイヤーは、毎年、とても時間をかけて準備します。
今年のコスチュームはアメリカのTVアニメ”SIMPSONS”のMarge Simpson
実は、このコスプレイヤーは、3rdドライバーも務めています。
180814-01

朝8時にスタートして、ゴールは午後6時。10時間の耐久レースです。ドライバーは6名。
180814-02

今年は燃料の規定量が極端に少ないので、平均速度は例年より低め。それも理由の一つだと思いますが、黄旗の回数が少なく、順調にレースは進行していきます。
180814-03

うちのチームの特徴は、おそらく全チーム中でもっとも進んだテレメトリーを搭載していること。他のチームはピットロードにチーム員を出して、タイムを計測したりサインボードを出したりしていますが、うちのチームはピットロードにまったく人を出していません。
最初は燃料消費量を把握することから始まったのですが、毎年グレードアップして、今年はアクセル開度とブレーキの踏み込み量まで見えるようになりました。使っているギアや回転数はもちろん見えます。
GPSでコースのどこを走っているかもリアルタイムで把握していますし、車載カメラで、前のクルマの車番も見えます。これは耐久レースでは重要なことで、ドライバーは自分の順位や前のクルマが上位のクルマか下位のクルマか判別できないので、抜くべきか放っておくべきかピットからテキストメッセージで指示を出すこともできます。走っていない人にも参加している一体感を提供してくれるのも重要な一面です。
180814-04

こういうシステムのおかけで、ドライバー交代や給油のタイミングも失敗することはありません。たとえ不測の事態が起こっても、つねにピット側で把握していますし、SCが入るタイミングなど、ドライバーでは知ることができない情報もピットから送ることができます。
でも、だからと言って、うちのチームが速いわけではないんですけどね。こういのうは、耐久レースを飽きさせないための一つの手段です。
180814-08

10時間のレース時間のなかで、もっとも盛り上がるは最後の1時間。前走車は何秒先なのか、こっちのタイムと相手のタイム差で、何周先で追い越せそうか。あるいは、後続車とのラップタイム差で追いつかれる可能性があるのか? ペースを上げて前走車を追い越しても燃料はゴールまで持つのか? などなど、ピットもとても盛り上がります。
ゴールの時刻に、トップのクルマがどこを走っているかも重要。トップのクルマが自車の前を走っていれば、そのまますぐにチェッカーですが、トップのクルマが後ろにいる場合は、最悪、チェッカー後にほとんと一周走らなければならなくなります。ギリギリの燃料計算で走っているので、一周増えるとガス欠のリスクがとても高くなります。最悪、ゴールできない可能性だってあるわけですから。

そして、うちのチームの場合、ゴール時刻の18時の直前でトップのクルマに追い越されて、即チェッカーとなる計算でいたのですが、トップのクルマが最後にペースダウンをして、追い越されず。
まさに前述の最悪のパターンになってしまいました。
幸いにして、燃料はなんとか足りて、ゴールは出来たので、助かりましたが。
180814-05
公式順位はまだ発表されていませんが、手元の記録ではクラス44位付近。中の下あるいは下の上といったところです。今年は燃料規定量が少なかったので、いつもより上位に行けると思っていたのですが、例年と同じなってしまいました。なぜだ。

K4-GPが面白いのは、その独特の燃料規定にあります。今年は、燃料の規定量が特に少なかったので、いろいろな騒動があったのですが、終わってみればガス欠車も少なく、面白いレースが出来ました。
180814-06

そして、最後のパレードラン。これもK4-GPの名物で、皆がとても楽しみにしています。
レースカーにチーム員がハコ乗りをして、思い思いにコースを一周しながら、声を掛け合い労をねぎらいます。このとき、遠くに御殿場市街の明かりが見えます。これを見ると、
「今年の夏も終わったなぁ。」
と思うのです。
180814-07

K4-GP 練習走行

今日は練習走行日。
line_1534125620458

明日の本戦に備えて給油中。
うちのチームは、今までやってこなかったのですが、今年は燃料規定量がとても厳しいので、はじめて車体を傾けて給油。
驚いたことに、こうすることで2L近くも多く入りました。ただし。チャコールキャニスタに流れ込んでいる疑いもあり。
IMG_20180813_114829

C3 決定

今朝、アメリカのエージェントから車両確認の報告が届きました。
候補だった2台の、どちらも満足のいくコンディション。甲乙つけ難し。
どちらかに、不具合とかあれば選択も簡単だったのですが、幸か不幸かどっちも良い。

情報はすべて出揃っているわけだし、時間をかけて悩んだからといって、良い結果になるわけではないので、今日中に決断してしまおうと決めていました。その結果として選んだのがこれ。
1968年式 クーペ 427 Tri-Powerエンジン 4MT Numbers Match
2
もともと狙っていたのは68年か69年で、サイドパイプのオプションが付いたモデル。ダッシュボードにイグニッション・キーが付いている68年式が良いのですが、サイドパイプは69年式にしかないという矛盾を抱えてました。
しかしこれは、68年式なのにサイドパイプ。前オーナーがレストアの時にサイドパイプに変更したようです。リアのバンパー下のパネルも、サイドパイプ用になっていて、マフラーの切り欠きは無し。
ホイールが、70年代風味の社外アルミになっている事を除けば、外観はパーフェクト。エージェントの報告によれば、下回りに錆び無し。記録上リペイントされているが、リペイントを示す痕跡もなし。ウェザーストリップなどのゴム類も交換済。

リアにオプションのキャリアが付いています。これは無い方が好きですが、他の状態が良いので、これくらいは妥協しよう。
4

内装も綺麗にレストアされていて問題なし。
5

エンジンはTri-Power。
オリジナルはブロックだけで、他は交換されていて、ボアアップもされているという報告ですが、Big-Blockでボアアップするかなぁ。ボアはそのままで、ストロークをいじる方が普通な気もしますが、ここはとりあえず不明ということにしておきます。アルミヘッドに交換されているらしいので、L-89仕様ということだと思います。
3
トランスミッションはM21のクロースレシオ。デフは減速比3.70のPosi Traction。加速重視のギア比なので、燃費が悪いかも。

決め手は、ボディのチリ。
新車で販売されていた当時の写真よりも、綺麗に合っています。丁寧にレストアされたのだと思います。

すでに購入の意思は伝えました。これから本格的な商談に入ることになります。

第2日曜ミーティング

先月、先々月はちょうど雨が重なって、ここに来るのは3か月ぶり。お盆だからなのか、台数は少なめですが、楽しかったです。気温も35℃は超えていないしね。
180812-01

今日見かけた、ちょっとレアなクルマ。BMW i8
180812-02
実車を見るのは初めてだと思います。マットブラックの塗装は純正色なのかどうかわかりません。
i8は完全EVだと思っていたのですが、エンジン音がしていたので、普通にハイブリッドみたいです。レンジ・エクステンダーというわけでもなく、普通のクルマと同様に走り出すにつれてエンジン回転も上がっていました。音はあんまりカッコ良くないですが、ハイブリッドとはそういうものなのでしょう。
このドアは乗り降りしやすそうでいいなぁ。

Tri-Power

アメリカで希望に叶う2台を見つけて、今は現地エージェントの車両確認の報告待ちの状態です。

その2台のうちの1台は427エンジンのTri-Power。エアクリーナが三角形なのが特徴。出力は仕様によりますが、400~435hp。グロス表示とはいえ、1960年代に400hp超えでしたから、当時の日本車ではまったく太刀打ちできなかったでしょう。
180811-11

エアクリーナを外すと、Holleyの2バレルキャブ3連装が見えます。これがTri-Powerの名前の由来。コルベット・エンジンでマルチ・キャブレターが採用されていたのは1969年が最後。
180811-12

小学生のとき、スーパーカープームというのがありまして、クルマなんか運転したこともない子供が、300馬力以上のクルマは素人には運転できないとか、コルベットは毎週末に高速道路をぶっ飛ばさないと、エンジンが調子悪くなるなど、信憑性不明の情報で、いろいろと激論を交わしたものですが。
実際のところ、どうなんでしょう。少なくとも300馬力の件は、まったくのデタラメだったと今なら判りますが。Tri-Powerは気難しいという記述をアメリカのwebサイトで見かけることはあります。
興味深いのは、伝説と化しているL-88エンジンは、Holleyの4バレル、シングル・キャブレターだったことで、レース現場では、より構造が単純で扱いやすいシングル・キャブレターの方が好まれたのかもしれません。
実際、GT40に載っていたWeberのクアッド・キャブレターには多少苦労させられたわけだし、燃費はとっても悪かったのですが、あれは本来レース用として作られた仕様を模して改造されたもの。コルベットの公道走行用としてGMが開発したのとは、わけが違うと思うんですよ、仮にも一般市販車なわけだし。ただ、キャブレターのオーバーホールをしようと思ったら、2バレルとはいえ3個分やらなければならないのは、現実的な手間です。

日本の中古車屋では、レアと書かれていたりしますが、本当のところはそれほどレアでもなく、1967年から69年にかけて15,600台が製造されています。
しかし、この時代のCorvetteと言えば、Big-BlockのTri-Powerをイメージする人は多く、リセールバリューは、当然のことながら同年式のSmall-Blockより期待できます。
Tri-Powerは69年が最後で、それ以降はシングル・キャブレターになりましたし、Big-Blockは75年を最後にCorvetteに搭載されなくなりましたから、Classic Corvetteを選ぶなら、Tri-Powerがいいかな、と思っています。

K4-GP 今年のピットは33番

180811-01
(写真は去年のスタート前風景)

8/14(火)は、毎年恒例のK4-GP。
我がチーム40.9度は、33番ピットです。もし、富士スピードウェイに来られたら、ぜひ寄ってください。過去に仮装賞を受賞した、我がチームのコスプレイヤーを観たい場合は、スタート前の午前7時までにお越しください。
チームは練習走行と車検のため、13日の午前中には富士にいます。

今年は規定燃料が極端に少ない(65Lで10時間走る)ので、主催者に対してブーイングが起きていますが、うちのチームにとっては、有利な状況になります。例年よりもいくらか上位に行けるのではないかと期待しています。実は、過去に私の作戦ミスで65Lで走りきったことがあるのです。
チーム監督視点では、燃料が少ない方が采配のし甲斐があります。燃料が多い時は、
「ま、適当に好きなように走って、もしガス欠する感じだったら、給油行って。」
くらいしか、言う事ありませんでしたからね。

準備はすべて完了。あとは13日の早朝(といっても午前2時)に出発するだけです。

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を観てきました。

スパイものは好きなんです(ただし、007シリーズを除く)。
ミッション:インポッシブルのシリーズも、多分、全部映画館で見ているんじゃないかな。子供のころTVでやっていた「スパイ大作戦」も良く見ていました。
今でこそ、IMFと言えば国際通貨基金だと思ってしまいますが、子供のころはスパイ大作戦の組織でした。

さて、今回は、そのIMFとCIAとMI6が入り乱れて、裏切りや2重スパイが発覚し、観ているうちに誰が味方で誰が敵なのかわからなくなってしまいますが、それがスパイ映画の醍醐味の一つで、楽しめました。もちろん、メインはアクションなわけで、それもなかなか良かったです。

トム・クルーズは、アクションシーンの撮影中に重傷を負ったと聞いていますが、CGがこれだけ発達した今、生身でアクションをやる必要性はあまり感じません。観ている側からは、どれがCGでどれが生身のアクションなのか、区別がつかないですから。頑張ったのは認めますが、もうそういう時代ではないでしょう。

今回、時間の都合で日本語吹き替え版を観たのですが、なんで映画の吹き替えって、素人っぽい人が混じっているんでしょうね。俳優とかアイドルを使って話題作りなのかもしれませんが、声優としての技量がない人のセリフで興ざめすることがあります。映画は良かったんですが、声優がね。
これは、「未来のミライ」も同じです。

繰り返しますが、映画自体は面白かったです。
ちなみに、今回はエヴァの予告は流れていませんでした。

過去12ヶ月に観た映画の個人的面白さランキング
1位 「15時17分、パリ行き」
2位 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
3位 「ブレードランナー2049」
4位 「ローガン・ラッキー」
5位 「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」
6位 「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」
7位 「ハン・ソロ」
8位 「未来のミライ」
9位 「エイリアン: コヴェナント」

Project C3 始動

180806-11
しばらく前から、C2が欲しくなってC2の書籍を買ったり、C3に心変わりして、これまたC3の書籍を買ったりしていました。同時にネットで良い出物がないか、いつも検索していました。

そして、候補を2台見つけました。万が一にも、誰かに先を越されてしまうのを恐れて、まだ具体的には見せません。
昨日、在庫を問い合わせてまだ売れていないことが確認できたので、次のステップに進みます。

本当は、アメリカまで行って、自分の目で見たいのですが、仕事の調整などをしているうちにタイミングを逃してしまう恐れがあるので、現地の代行業者に現車確認を依頼しました。

この2台、方向性が少し違います。
Big Block or Small Block
クーペ or コンバーチブル
オリジナル・ボディ or モディファイド・ボディ
青 or 赤

どちらも、Number’s Match、アルミヘッド、レストア済み。ホイールはノンオリジナル。

それぞれ良くて、今の時点で決められません。
現車確認の報告で、決めるつもり。

芝刈り & オリーブ剪定

刈り高45mm。
もみじの南側に直径30cmほどのラージパッチを発見。前回には無かったと思います。
ひとまず様子見。
180806-01

ついでに、モッサりしていたオリーブを剪定しました。
かなりの枝を落としましたが、いい感じになりました。。
180806-02

8月のダムサンデー

ダムサンデーで、C7 Corvetteの隣にとめて、発見しました。
私のC5とフロントフードの開き角が完全に一致。
180805-01
以前、フロントスクリーンの角度もC5, C6, C7で一致しているのを確認しています。この辺の角度は、コルベットのデザイナーの中で決められた黄金律みたいなのがあるのでしょうか?

帰りは、そのC7と一緒。
C7の後ろ姿を見ながら走るのは、楽しかったです。Corvetteは、どの世代もカッコいい。
180805-02