PSVR

これまでに何度かPSVRの購入に関して記事にしていますが、実は今年の6月に正規の販売店からの購入に成功していました。それなのに、なぜそれを記事にしなかったのかというと、私は体質的にVRガダメだということが分かって、ガッカリしていたからなのです。
171022-01

ゲームの中で自分が移動するのがダメなんです。あっという間に酔って強い吐き気に襲われます。
PSVRを買うとDRIVERCLUBというレースゲームのデモ版をプレイできます。クルマに乗り込んだところまでは、そのリアル感、臨場感に関心していたのですが、クルマをスタートした瞬間に軽い違和感を感じたのち、最初のコーナーのプレーキングで強い違和感、そしてコーナーを曲がった瞬間に体を持って行かれる感覚と強烈な吐き気。次のコーナーを曲がったところで、がまんできなくなってゴーグルを外しました。
その後、何度かトライするものの、一周を楽しく走り切ることができません。気持ち悪いのを我慢しながら走ることしかできません。楽しいゲームのはずなのに、ガマンって・・・

多分、視覚情報では移動しているのに、三半規管からは止まっている情報が出ていることで、脳が混乱して酔うのだと思います。よくVRの開発記事で取り上げられている映像遅延ではありません。人体の脳側の情報処理の混乱が原因ですから、どんなにVRの開発が進んでもこの酔いは発生すると思います。

自分が移動しないゲームは大丈夫です。例えば、「初音ミクのフューチャーライブ」や「サマーレッスン」は、気持ち悪くはなりません。
でも、「バイオハザード」は徒歩移動の時点でダメです。せっかく購入したグロテスクバージョンですが、館に入る事すらできず。本来、ゲームのシーンで気持ち悪くなるべきですが、私の場合は徒歩移動で気持ち悪くなっています。

そんなわけで、PSVRを買ったものの、楽しくプレイ出来ていなかったので、これまで記事にしていませんでした。

そして今日、K4-GPのチームのメンバーが遊びに来て、DRIVERCLUBをやってもらったのですが。
なんと、5人中5人全員が、気持ち悪くなっていました。個人差があって、最初のコーナーで「うわぁ、ダメだぁ。」と叫びながらゴーグルを外す人もいれば、3周回ってゴールまで進められて、気持ち悪いけど、慣れることが出来そうだという人もいます。

PSVRに酔ってしまうのは自分だけではありませんでした。
これ、もしかしたらクルマの運転経験値が高い人ほど、慣れるのに時間がかかるのではないかと思います。クルマの運転経験から、こういう視覚情報からクルマはこう動いているはずだという脳の意識があって、それに対して三半規管がその通りの情報を送ってこないわけですから。よってクルマを運転した経験がなければ、あっさりと慣れるのではないでしょうか?
頑張れば少しずつ慣れていくような気もしますが、慣れるまで頑張れるかというと、結構微妙な感じです。

先日、グランツーリスモSPORTが発売されて、PSVRでこの酔いの問題に直面している人も多いようです。私はグランツーリスモはやりませんが、来年発売されるエースコンバットは楽しみにしていて、それまでに酔いを克服できるかどうか。

[GT40] クラッチ スレーブ・シリンダー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ヘッダースに近くて熱を受けているめに、耐久性に不安があるクラッチのスレーブ・シリンダー。
新品を見つけたので購入しておきました。
171015-11

GTD40のトランスアクスルはルノーのUN1というモデルで、これは元々ルノーA310とかV6ターボに使われていたものです。これらのクルマはそんなに生産台数が多くないので、入手困難かと思われましたが、クラッチのスレーブ・シリンダーはルノー・トラフィックなどの商用車に使われていたものと共通なので、今でも補修部品として容易に入手可能でした。
私はイギリスから購入しましたが、もしかするとその辺の日産の部品販売でも購入できるかもしれません。でも、たぶんイギリスから購入する方が安いでしょう。以前、ルノー・スポール・スピダーを持っていた時、日産部販から購入するよりも、フランスから購入する方が断然安かったので。
ルノーのP/Nは#8032532029602。ちなみに、イギリスでの購入価格は送料込みで約4500円。オーバーホールキットもちゃんとあって、そっちは600円くらい。本体がこの価格なら、オーバーホールするよりも、新品の本体を買っちゃうほうが良いでしょう。

UN1トランスアクスルは、ロータス・エスプリの他にデローリアンにも使われています。真偽は未確認ですが、デローリアンはすべてのパーツが揃うと聞いたことがあって、最初はそっち方面から調べていました。しかしなんと、デローリアンは確かにUN1なのですが、すべてのパーツにDMCのマークが鋳込まれているということで、このスレーブ・シリンダーにもDMCマークが付いているそうです。よって、品物は同じでもDMCマークが付いている分だけ高価になっていました。
でも、DMCマークにこだわらなければ、ルノーの商用車のと同じだという情報があったので、そこから、これにたどり着きました。

これが今付いているシリンダー。313211という番号が見えます。これはBendixの互換パーツのようなのですが、この番号からはうまく見つけることができませんでした。
171015-12

今回の新品は、Lpr製です。Lprはルノーのブレーキ部品を作っている会社なので、ルノー純正品と言って良いと思います。ルノーの箱に入っていないだけです。
それにしても、フランスのクルマのパーツをイギリスから購入したらイタリア製だったという。昨年、ヨーロッパ旅行をしたときにも感じましたが、EUは完全に一つの経済圏になっていていることを感じさせます。
171015-13

ところで、車体に付いているスレーブ・シリンダーの継手をよく観察すると、何やらアダプターが付いています。継手の悪夢再びの予感がします。だから、すぐに交換するのはやめて、しばらく乗り回してからにします。完全に壊れる前に油漏れでもしてくれれば良いのですが、いきなりシールが裂けて油圧がかからなくなるかもしれないのが怖いですが。
171015-14

[GT40] ヒーターホース交換

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

オルターネータのファンと当たって破けてしまったヒーターホースを交換します。

ヒーターホースを1m購入。内径16mm。新しいホースは古いホースの1.5倍の耐圧なのに、外径が細いのは技術の進歩によるものなのか?
念のため、ホースバンドも交換しておきます。ホームセンターで売っているガーデンホース用のはダメですよ。あれはバンドが薄くてメネジの穴が変形するのでトルクがかかりませんし、エッジ処理もしていないので、ホースに傷が付きます。
171015-01

横Gでホースが移動しないように、タイラップで途中を固定しました。
古いホースは切って固定部の養生に使います。
171015-02

以前は、少し引っ張り気味だったので、取り回しも変えました。
ホースが当たるところは、古いホースで養生しておくとトラブル回避につながります。
171015-03

LLCの在庫はコルベット用のDEXCOOLしかなかったので、普通のLLCを注文しました。なので、今日はここまで。一番時間がかかるエア抜きは次回。

[GT40] 冷却水漏れ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

シートバック改良の試走を兼ねてドライブ。
今回は、峠道に持ち込んで、横Gをかけてみました。

シートバックの改良は上々。これなら、ツーリングも快適にこなせそうな感じです。

しかし、走行中に冷却水の匂いが・・・リアウィンドウは冷却水と思われる水滴で曇っていることに気が付きました。止まって、リアフードを開けてみたら、こんな状況。
滲んだというレベルではなく、噴き出したみたいに飛び散っています。
171009-01

あまりにも広範囲に飛び散っているので、路上で漏れ箇所の特定までは出来ず。でも、ボタボタと漏れていて、こうやって止まっている間にも、道路にはどんどん水溜りが出来ていきます。家まで8kmの距離。水温はまだ正常範囲だったので、回転を上げないようにしながら、家まで走りました。
無事に家まで走りきれたのは幸いでした。

熱いうちは作業できないので、冷えるのを待ってから漏れ箇所の特定。
171009-02

ヒーターホースがオルタネータの冷却ファンと干渉して削れているのを発見しました。冷却水が飛び散っていたのは、このファンのせいですね。とても広範囲に飛び散っていたので、不思議に思っていましたが、それも納得。
171009-03

ホースを外してみると、見事に穴が開いていました。
いままでは、せいぜい交差点で横Gがかかる程度だったので問題が発覚しなかったのですが、今回は峠道で横Gをかけたことによってホースが動いて、ファンに当たったのでしょう。
そんなに面倒な故障じゃなくて、良かったです。
こういうのが、手作り車の新車の面倒なところです。
171009-04

[GT40] シート改良

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ハイバックシートのヘッドレストが大きすぎて、後頭部を押されてしまい、顔が下を向いてしまう件の対策をしました。

Amazonで見つけた厚さ30mmのお風呂マットを使います。
171008-11

シートバックのクッションを外して、シートフレームとクッションの間にお風呂マットを入れて、シートバックを立たせる方針。
快適になるカタチを試行錯誤しています。
171008-13

結局、シンプルな形状にするのが一番快適でした。
171008-14

シートバックのクッションを戻すと、こうなります。助手席側と比べると、シートバックが前に出ているのがわかります。座布団を背中に入れて乗るよりはスマートでしょう。
171008-15

試走は明日。
これは、色々と試作した残骸。
171008-16

タワーミーティング

今月のタワーミーティングは550での参加。GT40を期待して来られた方には申し訳なかったです。
550は楽しく走れる季節が非常に限定されているので。
171008-01
右に見えているC5コルベットは、私のではありません。写真だと色がそっくりですが、実際にはこれはナッソー・ブルー。私のはエレクトロン・ブルーという色で、違うブルーです。コルベットは年式によって同系色でも微妙に色を変えているので、詳しい人だと色で年式をある程度特定することができます。ナッソー・ブルーは1997~2000年モデルに設定。エレクトロン・ブルーは2001~2003年モデルに設定されています。他にC5に設定されていたブルー系はネイビー・ブルーとルマン・ブルーがあります。

コルベットはしばらく会社に置いとくことにして、550を自宅に乗って帰ってきました。
この組み合わせも、また良し。
171008-02

[GT40] エンジンルーム熱対策

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

フロントエンジンのクルマは、エンジンルーム内にある排気系はヘッダースの部分だけで以降の排気管はクルマの下面を通って後ろに出ているわけですが。ミッドマウントのクルマは排気系統がすべてエンジンルーム内に収まっているので、エンジンルームがとても熱いです。クルマが止まっているときには、リアフードのエア・インテークからエンジンルーム内の熱気が逆流してくるのがわかります。

GoogleでGT40の画像を色々と見ていると、リアフード後端のエア・アウトレットに付いている、ルーバーを外しているクルマが多いです。それにMk1も後期型になると、このルーバーの穴が大きくなっていますし、Mk2になるとルーバーそのものがなくなっています。
171007-01

ここを外すと、エンジンルームの空気の抜けが格段に良くなって温度も下がりそうなので、私も外すことにしました。
外してみると、これもまたカッコいい。
171007-02

オリジナルのGT40Mk1はルーバーが付いているので、外したルーバーは大切に保管して、イベントなどに並べるときには付けます。

[GT40] スイッチのラベリング

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「ダイモ」
この言葉を聞いて、パッと製品が思い浮かぶ人は40代後半以上で、かなり物覚えが良い人に違いありません。

これです。
日本では30年くらい前にテプラが販売されて、あっという間に駆逐されてしまいました。
プラスチックのリボンに文字の凸型を押し付けて白く塑性変形させて文字を浮かび上がられるというラベルライターの一種です。
171005-01

これがGT40のダッシュボードにたくさん使われているのです。

昔のレーシングカーは、ダイモでスイッチにラベリングされていました。これよりさらに遡ると、多分手書きにになります。
GT40のダッシュボードは、全てにラベルが付いているわけではなく、一部に用途のわからないスイッチや警告灯があって、段々と判明してきているところなのですが、ラベリングをどうしようかと思っていました。今風にPCでラベルを作ることも考えましたが、このクルマに関しては当時の雰囲気にしたいと思い、ダイモを検索してみると、なんとAmazonで普通に売っていました。値段1375円。
ヨーロッパの会社が販売元で製造は中国。説明書に日本語はありません。昔はカタカナが打てるダイモがありましたが、これはアルファベットのの大文字だけ。”No Battery required”とわざわざ書かれているところが、今を感じさせます。

ダッシュボードに貼ってみると、もともと貼られていた物に対して、文字の大きさが少し小さいのが残念ですが、レトロな雰囲気を壊すことなくラベリングできました。
171005-02

改めてダイモのラベリングを見ると、70年代風味でカッコよく見えます。
クルマだけでなく、他の物にも使ってみよう。

朋あり遠方より来る

昔の同僚が、アメリカから遊びに来てくれました。
仕事で日本に来たついでに我が家に寄ってもらったわけですが。

今は仕事での接点がなくなりましたが、だからこそ一生付き合っていきたい友人達です。
171001-01

第四日曜ミーティング

GT40で第四日曜ミーティングに出発。

まずは波志江でアメリカ車のミーティングに参加。
170924-01
第四日曜の波志江は久しぶりです。
知り合いの少ない第四日曜の波志江ですが、このブログを見てくれている人から声をかけられて嬉しかったです。
さすが、アメリカ車のミーティングなので、コルベットも多かったですね。C3とC7だけで、C4~C6がいませんでしたが。

フォード繋がりでマスタングと並んでみました。GT40の低さが目立ちます。
170924-02

次にいつものメンバーのいる公園へ移動。
170924-05

写真を撮ってもらいました。
クルマの写真はいっぱい撮りますが、自分と一緒に写っている写真は案外とないものです。自分では撮れないので、機会を作って人に撮ってもらうと良いですよ。
170924-03

コブラとGT40。
170924-04

外気温度は29℃。クーラーを点けていても、水温は90℃までしか上がりませんでした。フロアの穴あけ効果は大きいです。
エンジンはぐずることもなく快調。信号待ちが長いと、ちょーっとずつアイドリングの回転数が下がってくるので、アイドリングが僅かに濃いみたいですが、走り出すとたまにカシュンカシュンするので、走行時は少し薄い。現状のアイドルミクスチャの戻し量は7/8なので、アイドルジェットをもう一つ大きい番手を試してみても良いかもです。あるいは、ホルダのエア穴を一つ小さいものにするのが正解かも。

やっぱり気になるのはクラッチのスレーブシリンダーがヘッダースに近いこと。まだ、トラブルを起こしたわけてはありませんが、これが気になって、あまり心穏やかに運転できません。ここの対策の優先度を上げましょう。

波志江で温間のエンジン始動を少ししくじって、キャブが盛大に吹き返し、リアのスクリーンが曇ってしまいました。火が付かなくて良かった。
170924-06
パーツクリーナーを使って拭いてみたら、根気よく頑張れば、少しずつ落ちるみたい。しかし、完全に綺麗にするには、とても時間がかかりそうです。まいったなぁ。