4C

C4ではなくて4Cのこと。ミスタイプではありません。
4Cとはこれ。
アルファロメオ 4C
190716-01

先日、C4 Corvette(こっちはC4ね)の部品を納品に行った自動車修理工場で、4Cの中古車価格がい感じに下がってきていると聞きました。いままで、まったく興味がなかったのですが、これを見て俄然興味が出てきました。

メディアはこのフレームをカーボン・モノコックと呼んでいますが、モノコックとは外皮が応力を受ける構造のこと。4CはFRPのボディをまとうので、モノコックとは言えません。でも、カーボン・フレームであることには間違いない。リアサスペンションがアルミのサブフレームに取り付けられているのは、目をつぶるとして。
このような作り方をしているクルマは数千万円クラスのスーパーカーにしかありえないと思っていました。それが、新車で900万円、中古で600万円クラスの価格で買えるとは、なんというバーゲン価格。ベトナムなどの賃金の安い国で作っているのならともかく、賃金の高いイタリアでこれだけ手間暇をかけたクルマが、この値段とは。
190716-02

カーボン・フレームのクルマ。欲しい。
私は、スポーツカーはモノコックではなくフレーム構造であるべきだと思っています。
これまでも、鋼管フレーム、アルミフレーム、鋼板溶接フレーム、鋼板ハイドロフォームフレームなど、その時代の設計技術と生産技術によって生み出されたフレーム構造のクルマを所有してきました。次はカーボンフレームです。

これまで、ガレージには常に大排気量のスーパー・スポーツと小型軽量のライトウェイト・スポーツの2台を収めてきたわけですが、スーパースポーツはエアコン付き、ライトウェイトはエアコンなしという組み合わせだったので、乗る季節がずれていてバランスがとれていました。ところが、スーパースポーツの方のC3コルベットがエアコンなしになったことで、ライトウェイト・スポーツの550と季節が被ってしまうんですよ。

ちょうど550がもうじき車検。
どうする? どうする?

BLACK BOX

うちのチームのK4-GP用のビートには、燃料消費量などを知るためのテレメトリ・システムが装備されています。これをいつも現場でガムテとダンプラで固定していて、走行中にずれたりしていたので、きちんとケースに収めることにしました。

命名”BLACK BOX”。
IMG_20190715_095530
いわゆるタッパーです。実はタッパーとは登録商標なので、これは正しくはタッパーではありませんが、日本ではこういうプラスチック容器の名称は「タッパー」で一般化されています。
40代以上の人は、「タッパーと呼べるのはタッパーウェアだけ」というTVCMを覚えている事でしょう。
そのタッパーを遮光のために、内側をシャシーブラックで塗って黒くしました。だからBLACK BOX。

中身はこうなっています。
IMG_20190715_095203
早い話が、インジェクタのパルスを元に燃料消費量を表示するデバイスをwebカメラで見ているだけ。このwebカメラはRaspberry Piに接続されていて、そのRaspberry PiがWIMAX端末と通信。WIMAXからサーバーに動画が送られて、ピットはインターネットを経由してそのサーバーに接続して画像を見て燃料消費量をリアルタイムに知るという仕組みです。
シリアル通信で、データだけを直接サーバーに送るのがスマートだと思いますが、デバイスのデジタルデータを横取りしたり、数字データを見やすい形に表示しなおしたりなど、ハード/ソフト共に面倒な手間がかかるので、動画で送ってしまうという無駄に帯域を消費しつつのちから業ですが、これでも十分に機能しています。

表示はこんな感じ。
WIN_20190715_09_49_54_Pro

これとは別に、コックピットを写しているカメラもあって、そこにはアクセル開度、ブレーキペダルの踏み込み量、選んでいるギア、回転数、空燃比、油温、水温を表示するデバイスも写りこんでいるし、もちろんドライバーの操作も見えるので、まあ大体プロフェッショナルなレーシングチームがピットで見ているテレメトリと同じような情報が得られます。仕組みはアナクロですが。
190715-01

ちなみに、ピットからテキストメッセージも送れて、コックピットにあるタブレットに表示されます。そのタブレットも画面内にあるので、メッセージがきちんと送られたことも確認できるし、ドライバーが手で合図することで、読んだこともわかるという優れもの。
さらにGPSでどこを走っているのかもわかります。

まあ、これがあるからレース成績が良いというわけではないのですが、10時間の長丁場でもピットは盛り上がります。

[Project C3] パワステ・フルード補充

パワステ・フルードを交換するつもりで作業を始めましたが、「補充」になりました。

パワステ・フルードは、一般的には交換しません。エンジンのようにブローバイガスにさらされるようなこともなく、外気と接触することもないので、車両寿命まで持つとされています。しかし、それは車両寿命を15年とか20年くらいに想定している場合。車齢が50年を過ぎたクラシックカーの場合は、履歴が不明な油脂類は交換しておくのが無難です。

パワステ・フルードは交換を前提としていませんので、交換可能な構造にはなっていません。完全に交換したい場合は、ポンプとアクチュエータを繋いでいる高圧配管をはずして、そこから古いフルードを抜きつつ、新しいフルードを入れるのですが、高圧配管を外すのはリスクが高く、下手をすると面倒な作業を背負いこむことになるので、今現在、正常動作しているなら、やらない方が無難です。

「正しく動作している機械は触るな」
という教訓があって、私の経験からも、だいたいこれは真実です。

なので、アメリカ人の大好きなターキー・ベイスター法を使います。リザーブタンクのフルードだけを交換する方法です。完全な交換にはなりませんが、4-5割は新しいフルードになるので、これをこまめに繰り返せば、まあ大体新しいフルードに入れ替わるというわけです。リザーブタンクのキャップ以外は何も外さないので、余計な故障を呼び起こす危険性は皆無です。

パワステ・フルードはサービス・マニュアルを見ても、何が指定されているのかハッキリしなかったので、ATFでも入れておこうかと思いましたが、ネットで調べていたらこんなのを見つけたので、買ってみました。
IMG_20190714_160930
ブランドイメージとして、1960年代のアメリカ車に使うにはふさわしい感じなのが決め手です。現代日本でSTPプランドの油脂が出回っていることに、少し驚きました。
色は少し黄色ががった透明。匂いがないのでギアオイルというわけではなさそうです。
「ホンダ車、欧州車には使用できません。」
と書かれていますが、なぜかは書いてありません。なぜなんだろう。

パワステ・ポンプはこれ。オルターネータの下に設置されています。
IMG_20190714_162946
GMの生産時の記録では、このクルマにはパワステのオプションは選択されていません。2004年かそこら辺で、パワステが後から追加されています。GM純正品の当時物リビルド品のようです。

ともかく、タンクのフルードを抜けるだけ抜いて、こいつを入れようと思い、まずはタンクのキャップを外してみたのですが。
タンクキャップのスティックに、何もフルードが付着していない。
IMG_20190714_162904
えっ? どういう事?
キャップがオルターネータの下にあって、見づらいのですが、鏡を駆使して中を覗いてみたら、フルードが入っていませんでした。
IMG_20190714_160911
僅かずつ、滲むようにして、長年をかけて減ったのでしょう。パワステ自体は正常動作しているので、ポンプの中にはまだ残っているのだと思いますが、このままにしておくと、やがてはポンプのフルードもなくなって、壊すところでした。

というわけで、ターキーベイスターで抜くべきフルードがなかったので、今回は規定量まで「補充」となったのでした。これで、しばらく乗って、新しいフルードと古いフルードが混じったら、リザーブタンク分を抜いて新しいのを補充する事を繰り返します。
例えば、1回に50%が入れ替わるとしたら、それを3回繰り返すと
1-0.5^3=0.875 すなわち88%が入れ替わるという計算になります。高圧ホースを外すような危険を冒さなくても9割のフルードを入れ替えることができるというわけです。

K4-GP 準備

今年のK4-GPに向けての準備。
今年は油脂類とタイヤ交換だけ。エンジンオイル、ミッションオイル、ブレーキフルードの交換を4人がかりで同時作業して、1時間弱で終わらせました。複数人で作業すると、早いし楽。座ったり、立ったりすることもなく、休憩していても、誰かが作業を進めてくれているし。作業中でも片づけ作業が、同時に進行できるし。
IMG_20190713_130105

作業予定はあと一回。テレメトリ関係が残っています。今日やりたかったのですが、担当者の都合がつかず、作業日をわけることにしました。

C7ZR1を買うのをやめて、Classic Corvetteにした理由は、主に資産価値にありますが、もう一つは日本の道路事情です。
先日紹介したアウトバーンを走っているCorvetteでは、3速→4速にギアチェンジするときの音なんかシビレちゃいます。
「高速道路」という名前の低速道路しかない日本では、コルベットを2速で引っ張っただけで免停になってしまうので、回さなくてもカッコいい音の出るクラシックに行くしかありませんでした。
C5以降のCorvetteエンジンは、爆発順序を変えたせいか、回転が低い時の音があまりカッコ良くないのです。
パフォーマンスなら軽量なスモールブロックですが、音を求めたらビッグブロックの、しかも排ガス規制の入る前のやつだろうと思い、圧縮比11.0、排気量7Lのエンジンを搭載しているモデルにしたわけです。

動画を撮るときに、音も撮りたいのですが、これがなかなか難しくて。撮った動画を見直して、満足な音で録れていたことはありません。
YouTubeを検索して見つけたこれが自分のCorvetteの音とほぼ同じ感じです。

ところで、この動画も良い音で録れているとは言えませんが、ノイズとか風のホコボコ音を除けば、実際に感じている音に近いです。画像と違って、音はかなり脳内補正がかかるので、録音が難しいですよね。とくにこのような音は、人に聞かせることを目的として作られた音楽を録音するのよりも難しいかもしれません。
カメラが進歩して誰にでもきれいな写真が撮れるようになりましたが、録音もそうなって欲しいものです。

速度無制限の道路

日本にも速度無制限の道路があれば、迷わずC7ZR1を買っていただろうなぁ。
こういうの、本当にうらやましい。

この動画はC6ZR1

C7Z06

ちょっと古いけど、私が以前に乗っていたのと同型のC5Z06。
HUDが299km/hまでしか表示しないなんて、日本じゃわからないもんなぁ。
ちなみに、C5の場合、200km/hを超えると、”2”が左上に小さく表示されます。

衣類乾燥機

日立の衣類乾燥機を導入しました。昔、アメリカから日本に引っ越してきたとき、洗濯乾燥機というコンセプトだけは素晴らしい製品が日本メーカから出ていたので、それに飛びついたものの、やたらと時間はかかるし、まともに乾かないし。おまけにドラム式で汚れ落ちが悪い。不満だらけの製品で、結局、乾燥機能はつかわなくなりました。
名ばかりの洗濯乾燥機を10年使って、やっと壊れてお役御免となったので、乾燥機能のない普通の縦型洗濯機に買い替えて、衣類乾燥機を追加で導入しました。衣類乾燥機+洗濯機の価格は、洗濯乾燥機よりも安いくらいで、これなら洗濯と乾燥が同時進行できるし、しっかり乾くし、洗濯乾燥機を1台買うよりも、10倍は実用的です。
ただ、日本製では屋外排気のモデルがなく、なんとなく効率が悪そうな内気循環タイプです。なぜ日本では屋外排気モデルがないのか不思議です。おまけに家庭向けの最大サイズは6kgと小さくて、これは洗濯機の上に設置することを考えてのことなのかもしれません。洗濯機が7kgなので、乾燥機も7kgを探したのですが・・・
IMG_20190706_175912

日本では洗濯機や乾燥機は脱衣所に設置することが多いと思いますが、アメリカではガレージに設置する家が多かったです。最初は意外に思いましたが、騒音や洗剤の香りが家の中に入ってこないので、それも合理的だと思いました。
日本で家を建てるにあたって、ガレージに洗濯機や乾燥機を置こうとしたのですが、設計士が納得せず、普通に脱衣所に設置する設計になりました。確かに冬のガレージは寒いですし、脱衣所設置の方が使う人に優しいと思います。

ちなみに、これがアメリカに住んでいた時のガレージにある洗濯機と乾燥機。デザインは無骨ですが、今日本で使っている洗濯機や乾燥機よりも断然使い勝手や性能は良かったです。そうそう、アメリカの洗濯機にはお湯も供給するのですが、日本では水だけですね。お湯を使う方が汚れ落ち性能は断然高いと思うのですが。
PICT0601

衣類乾燥機を買ったので、bounceもネットで購入。
濡れた洗濯ものと一緒に衣類乾燥機にいれるシート状の柔軟剤です。独特の香りが付いていて、アメリカのガレージでは、大抵この香りがします。
匂いの感覚は脳の記憶野に直結しているというのは本当ですね。この香りを嗅いだだけで、懐かしい記憶が蘇ってきます。我が家では、服を着るときに、これが服の中から出てくると、「当たり」と言ってました。当たっても、何ももらえるわけではありませんが。
IMG_20190706_204132


なぜか日本での普及率が低い2大白物家電は、食洗機と衣類乾燥機。日本で普及しないのが不思議でなりません。

家を建てた時に、キッチンに食洗機を設置しようとしたら、日本製は小さいのしかありませんでした。アメリカ製は正規の販売店が日本にはなく。普通のサイズの食洗機はヨーロッパ製の高級品しかなくて、仕方なくそれを入れました。なぜ、日本メーカは、まともなサイズの食洗機を作らないのか。
というのも、家を建てた時に新たに家電も購入したわけですが、それが12年経って、壊れ始めたんですよ。4台あるエアコンのうちの2台は、去年と今年に新品に交換したし、洗濯機も壊れました。順当に行くと、そろそろ食洗機なわけですが、あいかわらず普通サイズのものはヨーロッパ製の高級品しかなくて。これが我が家の家電の一番高いものなので、戦々恐々なわけです。
アメリカでは5万円も出せば、結構いい食洗機が買えましたが、日本ではヨーロッパ製の30万円以上するモデルしかなくて。
白物家電に関して言うと、日本製はあまり良い製品がありません。

[Project C3] 電球

これは68年式Corvetteに使われているすべての電球(ただし、ヘッドライトを除く)。
一個ずつでも買えますが、このようにセット販売もされています。セットで買う方が断然簡単だしお得。日本円で3,000円くらいだったかな。
クラシックカーの電球は、今は流通していない規格のものもあるので、入手に苦労することがありますが、Corvetteにはその心配はありません。
IMG_20190628_142526

最近は同じ口金形状でLEDになっているものも入手可能です。LEDに換えてしまえば、切れる心配はなくなるし発熱による様々なトラブルからも無縁になるのですが、LEDにするつもりはありません。
私はなんだかLEDの光を安っぽく感じるのです。LEDはバシっと点灯して、バシっと消えます。それにたいして電球はフワっと点いてフワっと消えます。この方が高級な感じがします。
特にウィンカー。LEDのウィンカーは、どうも好きになれません。はじめのころは高級車が使っていたこともあって、カッコ良いと思う事もあったのですが、これだけ普及すると、もうカッコ良くは見えず、むしろ安っぽく見えてしまいます。この先ますます普及してくると、そう思う人は増えてくると思われ。私の予想では、高級車はLEDをフワっと光らせてフワっと消すような点灯制御を入れてくるだろうと思います。

というわけで、私は趣味のクルマは電球派です。実用車はメンテフリーという点でLEDでも良いと思いますけれどね。
それから、C3のダッシュボードの照明は調光機能があるので、LEDに換えてしまうと調光できなくなるという問題点もあります。

先の室内灯の修理でも、切れていた球を二つ交換しました。それから、外装ではフロントとリアのサイドマーカーが一カ所ずつ切れていたので、それらも交換。
IMG_20190630_094647
IMG_20190630_094723

これで点灯しない灯火類は、ワイパードアのオーバーライド警告灯だけになりました。これは電球が切れているわけでもなく、しかも回路図にも載っていないので、なぜ点灯しないのか不明です。まあ、そのうち判明するでしょう。

久しぶりにToDoリスト。

ンジンオイル&フィルター交換
ミッションオイル交換
デフオイル交換
ブレーキフルード交換
ブレーキMシリンダーO/H
ブレーキキャリパー交換
パワステフルード交換
サーモスタット交換
LLC交換
クラッチ調整
エアクリーナチェック
エアクリーナー・左ヘッドカバー間のエルボパイプ交換
エアクリーナーベース固定ネジ取り付け
デスビチェック
Fサスペンション・ボールジョイント交換
点火方式チェック
電動ファン動作チェック
時計修理
ワイパードア動作不良修理
ウィンカーレバー修理
運転席側インナードアハンドルのガタ修理
運転席側ウィンドウレギュレータハンドルのノブ回転不良修理
運転席側フェンダーのモールはがれ修理
助手席側アウタドアハンドルの戻り不良調整
運転席・助手席サンバイザー取り付け
フロアマット交換
ウーハースピーカー取り外し
バッテリーテンダー接続
ドアミラーのガタ修理
光ファイバー誤配線修理
ダッシュボード内ハーネス交換
スターターモータ交換
トリップメータ・リセット不良修理
ウィンカーリレー点検
ヒーター点検
グローブボックス修理
助手席アストロベンチレーション・ケーブル交換
リアコンパートメントインナー取り付け
ヒーターホース/バイパスホース交換
フロントサスペンション・バネ/ショック交換
リアサスペンション・バネ交換
タイヤ/ホイール交換
運転席側プラグワイヤLOOM取付
パワステブーツ交換
ワイパーオーバーライド警告灯修理
マフラー交換
ヒートライザー撤去
ラジェターキャップ交換
電動ファン反転

ウィンドウウォッシャー取付
ラジエタードレンプラグ交換
Tトップ三角ボルト取付
フューエル・デリバリーパイプ交換
燃料ホース交換
ブレーキランプ点灯不良修理
エンジンルーム・バキュームホース交換

ドアスイッチ交換
バキュームフィルター交換
球切れ電球交換

[Project C3] ドアスイッチ修理

ドアを開けても点かない半ドア警告や室内灯の修理をします。走るのに直接関係ない部分なので、不具合になったあと放置されていたようです。

前回、寸法違いのドアスイッチが届きましたが、今回は正しいものが届きました。これはドアの後方に付いている半ドア警告のスイッチです。
IMG_20190628_133450_BURST001_COVER

それと、これは圧着端子。これで1台分です。なぜ6本なのかというと、半ドア警告と室内灯合わせて運転席側に4本、助手席側に2本使うため。
IMG_20190628_134914

古いスイッチを切断して、端子を圧着。新しいスイッチに差し込みます。この2本の線がGNDに落ちると、半ドア警告灯が点きます。
IMG_20190628_140208

こっちは、ドアの前方に付いている室内灯のスイッチ。前回、半ドア警告のスイッチを注文したら、こっちのスイッチが届きましたが、どうもショップのウェブサイトが間違えているみたい。
IMG_20190630_091030

これも半ドア警告と同様に、古いスイッチを切断して新しい圧着端子とスイッチに交換。
IMG_20190630_092202

68年式Corvetteの室内灯はこんな感じ。
IMG_20190630_223702

それとBピラーにも。
IMG_20190630_223717

写真だと伝わりにくいですが、落ち着いた良い雰囲気です。
残念ながら夜にこのクルマに乗ることはないので、ガレージの中で雰囲気を楽しみます。